テーマ:芸能

談幸師匠の落語会

立川談幸師匠の落語会を聞きに行った。 会場は板橋区の松月院書院。私の高校の同期生の縁者の寺で、江戸名所図絵にも描かれる古刹である。談幸師匠も我々より数年後輩だが、高校の同窓生である。 落語好きの叔父が贔屓にしていたという縁もあり、以前より名前は知っていたが噺を聞くのは初めてだ。 下赤塚の駅から歩き寺の境内に入ると、近隣にお住ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の歌舞伎座

8月の歌舞伎は3部構成。その1部を1階花道脇で、2部を3階で見物した。 花道のすぐ脇で役者を間近に見るのは初めてだったが、やはり全員男であった。 1部は、勝麟太郎の父親・小吉の物語「天保遊俠録」、それに六歌仙をめぐる踊りの舞台「六歌仙容彩」(ろっかせんすがたのいろどり)の2幕。 勝小吉役の橋之助の上役への啖呵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉三郎・海老蔵、7月の歌舞伎座

7月の歌舞伎座・昼の部は、幸田露伴の「五重塔」と泉鏡花の「海神別荘」。 玉三郎の海神別荘は、幕開けからびっくりした。海底の客殿の舞台装置がなんとも凄まじく、いったいここはどこ?という感じであった。 海老蔵の貴公子の声は、聞きなれた海老蔵の声ではあるが、現代に生きる海老蔵の声として聞こえた。 また衣装も、まさに西洋演劇を見るよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上陽水コンサート

陽水のコンサートのチケットを獲得するのは、至難の業である。昨年は1度も行けなかった。 今年も首都圏の会場全ての先行予約が外れ、神奈川県民ホールのチケット一般発売日、10時の時報と共に1時間以上、家族中で電話をかけまくった。あきらめかけていた矢先、家人の電話がつながり、やっとのことで立見席が3枚取れた。 中華街で食事をした後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁左衛門の女殺油地獄

6月の歌舞伎座・昼の部、女殺油地獄で片岡仁左衛門を見た。 仁左衛門の当たり役だという。 以前にも仁左衛門の殺し場を見た記憶があるが、殺人を一つの様式美にまで昇華してしまうのは、歌舞伎のすごさの一面だと思う。 油屋の店先で、床にこぼれた油の中でのたうち回る場面、時折見得を切っては喝采を浴びる。何とも不思議な世界ではある。 ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老蔵の暫

5月の歌舞伎座は、十八番の暫で始まった。 柿色の四角い、大きな凧のような奇抜な衣装が楽しみであった。市川家の家紋「三升」が染め抜かれた巨大な衣装や大太刀など、初めて見る者にはあっ気にとられるようだった。 揚幕の中からの「しばら~くぅ」との海老蔵の声。花道七三での長台詞。この声、とても透明感がある。 この透明感が、奇抜ないでたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉三郎の政岡

4月の歌舞伎座、初日を見物した。 伽羅先代萩で、玉三郎が政岡を務めた。藤十郎、勘三郎の政岡は見たことがあるので、玉三郎でどうなるのか、楽しみだった。 藤十郎、勘三郎の政岡は、威厳たっぷりという感じだったが、玉三郎の政岡は、もっと人間味が濃いように思われた。顔の表情や細かい所作は遠目でよくわからなかったが、存在感よりも親しみやすさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京鹿子娘二人道成寺

玉三郎と菊之助の「京鹿子娘二人道成寺」を見物した。歌舞伎座に毎月のように通い始めて2年程にしかならない初心者だが、菊之助を贔屓にしている。だが今回は、玉三郎の究極のたおやかさの前には、まだまだ格の違いを感じた。客席の喝采も、この日一番であった。 歌舞伎の所作は、リアルであることよりも型による象徴が重んじられているようで、現代の即物的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五木の子守唄

1月17日付『朝日新聞』be の「うたの旅人」で、熊本県民謡“五木の子守唄”が採り上げられていた。現在一般的に歌われている三拍子と違って、初源の唄は二拍子であったそうだ。歌詞も地方・個人によって多少違っていたようで、民謡としての最初期の形態が今も伝承されているらしい。 私が中学生の頃、神田の古書店で見つけた日本の民謡を集めた小冊子に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more